枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ

枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ

睡眠時間は十分に取っているのだけれど、朝起きてみると、前日の疲れが取れていなかったり、首や身体にこりや痛みを感じることもあると言う経験している人、多いのではないでしょうか。多くはマットレスや敷布団に影響されていると言われますが、枕の高さや質も非常に大切になって来るものと、知っておきましょう。

枕は快適な睡眠への必需品である

人の睡眠時間をほぼ8時間とすると、人生の3分の1は、布団またはベッドの中で過ごすことになります。そしてその睡眠に100%必要とされるのが、枕です。ですがこの枕、以外とぞんざい扱われているのではないでしょうか。しかし、高さと言い、硬さと言い、それが本人とマッチしたものでなければ、いくら長い睡眠時間を取ったとしても、疲れを取り除くまでに至ることがなく、逆にこりなどを感じ疲労を増すと言ったことにもなりかねないことになります。不思議なもので、高すぎてもダメ、低すぎても、不健康になるだけのものとなっています。もっとも、どの高さがベストなのか、判からないと言う人の方が多いのも現実です。

寝返りを打つたびに姿勢が悪くなる

人は、寝ている間に何度も寝返りを打ちます。かなりの回数をすることで、自然に身体が横に回転することが望まれます。この時枕が低すぎても、高すぎても不自然な形での寝返りになってしまい、身体に余計な負担をかけることになっています。その時に、こりなどを生じてしまうことなどが考えられます。また、高い時には、喉を圧迫することで、息苦しくなってしまうことで、ついつい横向きになって寝ると言う癖がついてしまいます。そして高さを感じる時には、緊張感が抜けづらく副交感神経が上手く働かないことから、良質な睡眠になりづらい傾向にあると言われます。この緊張感が、首痛をもたらす原因になってしまうことも、十分に考えられます。

生活習慣病にも関わることになる枕の高さ

枕の高さが合わないことで、生活習慣病が悪化する場合もあると言われます。食欲不振にもなりかねませんので、早めの対応が大事になります。そんな時、専門店へ伺うことで、キチンとした高さの枕を用意してくれるはずです。プロに選んでもらった枕は、本当に寝やすくなっていると言えるのですが、当初は、使い慣れないこともあり、違和感を持つ人もいると言われます。ですが、それは起きている時だけのものであり、睡眠に入った時には最適なものに変わることになるはずです。枕の高さを合わせることで、首通をなくしぐっすりとした睡眠から前日の疲れを取り、元気な朝を迎えられるようにしましょう。

まとめ

標準体型の場合、高さは3センチとか4アンチが良いとされています。ですが、全員がこの高さで良いとは限らないと言われます。この高さで違和感を感じる人は、一度病院へ行き検査を受けてみることも、良い方法と考えます。物事は、全て一律に決まると言う訳ではありません。自分にあった高さを知りましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです