枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス

枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス

睡眠は身体と心を休めて一日の疲れをとることができる大切なものですが、枕が合わないとイライラして逆効果になってしまいます。更には、イライラするだけではなく様々な弊害が起きてしまうので、早めの解決が必要です。

合わない枕を使うことによって首や肩が痛む理由

自分に合っていない枕を使うことで出てくる症状の代表的なものが首や肩の痛みです。枕は寝ている間に首をしっかり支えるという大切な役割を持っていますが、合わない枕を使っていると首に負担がかかってしまいます。頸椎と呼ばれる首の骨には様々な神経や血管が通っていますが、合わない枕を使用することによってこの頸椎を圧迫してしまうと、自律神経が刺激され交感神経を過度に緊張させることになります。長時間の圧迫なので、首には意外にも大きな負担がかかっています。この交感神経が緊張すると血管が収縮して血行が悪くなり、首の痛みや肩こりとして症状に現れます。更に睡眠をとっているにも関わらず身体は起きている状態に近くなり、寝つきが悪くなるといった不眠の症状やイライラを発症しやすくなってしまいます。

手の痺れや頭痛などの症状を引き起こす可能性も

高さや硬さが合っておらず、頸椎が圧迫されることによって血行が悪くなると身体全体の血の巡りも悪くなります。特に症状が顕著に現れるのが手などの血液が行き渡りにくい末端部分です。睡眠をとった後に手の痺れを感じる方は、末端循環障害が起きている可能性があります。また、頭痛やめまいを引き起こす場合もあります。起きた際に重い鈍痛を頭部に感じたり、朝から目の前がグルグルと回るような症状が現れる場合は枕が原因ではないか一度疑ってみましょう。脳に血液が十分に循環していないためにこのような症状が現れていることも考えられます。

イライラ以外の弊害を解決するための方法

合わない寝具を使っていると、イライラするだけでなく腰痛や顔のむくみなどに繋がるケースもあります。人の背骨はS字を描くようにカーブしており、二足歩行でも重い頭を支えることができているのはこのカーブがバネのように働くおかげです。しかし、合わない寝具を使うとS字カーブを描けなくしてしまい、腰に痛みが現れてしまいます。また、低すぎる枕を使ってしまうのも問題です。血流が悪くなるだけでなく、後頭部が心臓よりも低くなって血液が頭に上ってきやすくなり、むくみに繋がります。こうした不調を解消するには自分に合う寝具を使って睡眠の質をあげることが大切です。

まとめ

しっかり寝たはずなのに起きたら疲れが残っている、身体や首が痛いなどの症状がある人は枕が自分に合っていない可能性もあります。枕を変えることで睡眠の質も変わり、朝起きた時のイライラも解消され身体の調子が劇的に改善されます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです