首骨をホールドする枕へ切り替えてみる

首骨をホールドする枕へ切り替えてみる

首への違和感があり、仕事に支障が出る悩みがある場合、疲労回復も兼ねて、枕を替えてみるのも得策となります。コリや痛み、頭を支える骨のバランスまでが改善できるなど、健康的な寝具を選ぶことが利に適っています。

歪みを矯正しながら快眠に繋げる利点

頭を乗せる寝具でなく、首の骨を支える寝具として捉えてみるだけで、様々な利点を得られます。自分に合っている枕を使えている社会人はどれだけいるのか、意外にも高機能のワードで購入するケースは少なくありません。頭痛や肩のこり、さらにいびきなど、機能性だけで使っていても、こうした痛みやコリの原因になることもあるのが、骨の歪みです。痛みなどによって集中力も分散され、仕事がなかなか捗らないケースもあり、整骨院や整体師が推進するような、快眠枕が解消させてくれます。寝具にも寿命があり、適切な時期に買い替える際、快眠を意識した購入がおすすめです。

寝返りをうつことも考えたサイズを選ぶ

快眠に繋がる枕というのは、あて方にもポイントがあり、肩口まで深めに乗せるあて方が快眠できます。後頭部から首筋、肩口にかけ、頭の重さを全体で支える寝姿勢になるため、首や肩が疲れにくくなります。また、寝返りすることで頭が落ちてしまい、首骨に負担がかかります。頭3つ分の幅を目安に選ぶのがポイントで、寝返りを頻繁にうつ場合、仰向けと横向きに対応できるよう、例えば、中央部が低く、サイドが高めの立体構造は理想的で、頭と首、背中の曲線を安定させられます。素材もクッション性に優れてフィット感があるもの、ふんわり柔らかで弾力性があるもの、耐久性や通気性などで選ばれていますが、自宅で微調整できる素材で選ぶのが理想的です。

簡易タイプも仕事中に上手く活用できる

社会人の中には、クッションを使い、枕を使っていない方は意外と少なくはなく、寝具セットがごちゃ混ぜになっているケースもあります。寝姿勢では高さが体の体圧を分散し、負担軽減に配慮できますし、骨の歪みを矯正する安定感に繋がり、歪みが改善されれば、神経も圧迫から開放され、快適な日常生活へ繋がります。へたれたために敷き布団だけ違うタイプに替えることは、高さに誤差が生じることになります。高さの微調整が自分でできる枕はおすすめです。また、仕事中にも疲労回復を図れるのがネックピローで、ホールド感がある空気で膨らませるタイプ、コリや痛みを緩和するホットやクールで使えるなど、簡易タイプでも使えると人気を集めています。

まとめ

身体に負担の少ない寝姿勢は、頭から肩、首筋のカーブと、敷き布団の間の隙間を埋められる枕によってつくり出せます。背骨など、歪みが出ることで神経が圧迫され、筋肉などが収縮し、コリや痛みなど、働き盛りの社会人の活躍に支障をきたすため、枕選びは大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです