もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在

もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在

健康的な体に欠かせない毎日の睡眠ですが、この睡眠が良質なものでなければいくら長時間寝ていても意味がないのですね。量よりも質の方が重要だということです。快適な睡眠をとるには自分に合った枕を選ぶことが重要になります。

寝た状態で首にできる隙間を埋めることが大切

たとえば、枕が原因となって肩こりや腰痛、そして不眠症などの不快な症状に悩んでいる方は本当に多いのですね。これらの症状が実は枕が原因であるということがあまり知られていないことも事実です。特に大切なことは高さが合わないものを使うこと。考えてみれば容易に分かることなのですが、首や頭の高さというものは人それぞれ違いますよね。ですから枕一つ選ぶときにも自分の体に合ったものを選ぶ必要があるのです。このときの選び方なのですが、一番大切な事は寝た状態にできる首の隙間ですね、これが程よく埋まるようなものが適切です。

首の下にできる隙間を埋めることが快適睡眠の条件

人によっては枕の高さは高い方がいいということがありますよね。どうもこれは人の好みによることが大きいようですが、この考え方はあまり適切だとは言えません。もともと枕というものは首を支えるのがその役名であり、けっして頭を支えるものではないのですね。あくまでも体に負担がかかりにくくするのが重要な役割です。その理由は、快適な睡眠というものは、人が普通に立っている姿勢をそのまま横にした状態、これがベストな睡眠の姿勢だと言われています。しかし、横になれば自然、首の下には隙間ができますよね。この隙間を埋めることが快適睡眠の条件となります。

マットレスなどの柔らかさも考慮して枕選びをすること

記事のイメージ画像

このようなことから、枕の高さは人それぞれ違うということが言え、自分の高さに合ったものを使うことが快適な睡眠をとるためには必要なことなのですね。ただ、だからと言ってその首の隙間に合ったものを購入すればいいのかというと、それだけではまだ足りないのです。それは下に敷く布団ですね、マットレスなども考えなければいけません。どういうことかと言えば、マットレスにもいろいろと種類があり、柔らかい物や硬い物があります。たとえば柔らかい物だと、横になれば沈んでしまいますよね。そうなれば当然のことですが、首の下にできる隙間は合わなくなります。枕選びはこういうことも考えて選ぶ必要があるのですね。

まとめ

快適な睡眠をとるために必要なことは、人が普通に立っている姿勢でそのまま横になった状態を維持することです。そのとき横になったことでできる首の下の隙間を枕で埋めることが必要なのですね。ですからその高さは人それぞれ違います。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです