人間工学からできた枕で快適に眠れる

人間工学からできた枕で快適に眠れる

これまでの枕は、袋の中に一つの素材を詰め込むだけでした。人間工学に基づいて作られたものは、幾つかの部位に異なる素材を組み合わせて作られています。男女差を考えたり、年齢差を反映させた商品も出てきています。

平らなであったり膨らむだけでない

一般的な枕といえば、平らであったり、膨らんでいたりします。中身は綿やそば殻、プラスチックのチューブを切ったものなどありますが、それらを詰め込んだだけのことが多いです。綿だと頭にフィットしますが、そば殻だと通気性がいいため、涼しく寝ることができます。最近は人間工学に基づいたとされる商品が出てきています。見た目が今までと異なるので、いわれないと気が付かないかもしれません。オフィス用のチェアなどでも、姿勢を正すために通常とはかなり異なるタイプが作られるようになりました。寝る時の姿勢を科学的に考えて作られているようです。利用してみても良いかもしれません。

部位によって硬さや反発力が異なる

一般的な枕は、中の素材などは同じです。綿タイプならすべて綿ですし、そば殻ならすべてそば殻です。中身が出ない袋状の布に素材を詰めていますから、でこぼこなどはありません。そば殻の場合は、多少自分で中身を分けたりすると変えられることもあります。最近出てきた人間工学に基づくものは、部位によって素材などが異なるのが特徴です。一つの袋に同じ素材が入れられているのではなく、綿の部分、スポンジの部分、そば殻に近い素材が入っているものもあります。低反発と高反発を融合したものなどもあります。それぞれでメリットとデメリットがあるとされていましたが、それをいいとこどりしたタイプと言えます。

男女差や年齢などによって異なるタイプ

男性と女性は、子供の時はそれほど差はありません。でも大人になると、体格などが変わってきます。男性は筋肉がつき、女性は脂肪がつきやすいなどの特徴があります。それらの特徴が睡眠時にも影響することがあります。人間工学に基づいた枕は、男女別に適した構造になっています。寝返りは、男性の方が筋肉があるのでしやすいとされます。力の少ない女性でもしやすい構造になっています。さらに、若い人と高齢者とで差がある商品もあります。高齢の女性が使うのにいいもの、若い男性が使うのにいいものなどがあります。肩こりなどの悩みがある人に適した構造になっているものもあります。

まとめ

体にとってどのタイプが負担が少なくなるかなどの研究がされています。それが人間工学です。枕においてもこの考えを元に作られたものがあり、見た目や構造が全く異なる商品です。女性向けであったり高齢者向けなどもあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです