枕は高いのと低いのどちらが良いか

枕は高いのと低いのどちらが良いか

健康的な生活を心がけているつもりでも、仕事がはかどらない人もいるかもしれません。体調に大きな問題がなくても思うように働けないことも珍しくないです。最近疲れがたまりやすいなら睡眠の質をチェックするといいでしょう。

睡眠の質が低いと疲れがたまりやすい

記事のイメージ画像

睡眠時間には個人差があるため、自分にあった睡眠をとれていると考える人も少なくないです。自分では睡眠が十分だと感じていても、実は疲れがとれていないこともあるでしょう。朝起きたときに身体の調子が良くないなら、睡眠の質にも気をつけてください。疲れが蓄積すると仕事に影響が出ることが珍しくないため、睡眠時間を確保しているのに疲れがあるなら睡眠環境を確認するといいです。人が眠るときの姿勢が窮屈だと睡眠の質が低下することがあります。そのため、無理のない姿勢で眠れるかチェックするといいかもしれません。寝具が自分にあっているか確認しましょう。

疲れがとれないなら枕を見直そう

眠るときの姿勢に大きな影響を与えるのが枕と言われています。人によって好みの高さがあるため、高いものや低いものを選ぶ人もいるでしょう。自分では適度な高さだと感じていても、実は適切ではないことが少なくないです。そのため、自分が使用している枕が適切な高さかチェックしてください。枕を変えることで睡眠の質が改善されることもあります。もし、長年同じものを使っているなら、自分に適した高さを知るといいかもしれません。適度な高さを知ることが睡眠の質を向上させ、仕事の効率アップにつながるでしょう。疲れが残りやすいなら枕を変えてください。

専門家に相談して自分にあったものを見つけよう

適切なサイズの枕を見つけられない人は珍しくないため、専門家にサポートしてもらうといいでしょう。本人が高いと感じても長期間使用すると快適になることも珍しくないです。すぐには効果がわからないこともあるので、複数のものを比較してください。すすめられた枕を一定期間使用してみて、疲れの残りやすさをチェックします。使用時に違和感があるなら専門家に相談して変更するのもいいかもしれません。寝具は長時間使用するものなので、質の良いものを選んでください。睡眠の質を向上させるためにも、枕にはこだわった方がいいでしょう。

まとめ

適当に枕を選ぶ人は高さが適切でないことが少なくありません。高いものや低いものを使い続けると疲れが残りやすいことが珍しくないです。専門家のサポートを得ながら自分にあった枕を見つけて、身体の状態を良くするといいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです