低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく

低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく

枕には多くの種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。低反発タイプなら、フィット感や首への影響が少ない点が良いとされます。寝返りがうちにくいといわれますが、適度な低反発なら寝返りもうてます。

頭にフィットするので心地よく眠りにつける

体の中で、重たい部分として知られるのが頭です。ボーリングの玉といえばかなり重いイメージがありますが、同じぐらいの重さがあるとされます。それらを体で支えて日常は生活をしています。では寝るときはどうかですが、床などに直接頭を置くこともあれば、枕を使うこともあります。この時、低反発タイプなら、頭にフィットさせることが可能です。反発が強いタイプだと、完全にその上に頭が乗りますが、頭の重さに応じて沈み込むので、自然なスタイルで睡眠に入ることができます。固い枕だと違和感を感じる人でも、こちらであればあまりにも自然なので、すぐに寝てしまう人もいるようです。

首への負担が軽減されて痛みなどが減る

起きているとき、頭は首によって支えられています。首の骨は背骨などから伸びている骨です。腰などにも影響することがあります。寝る時も頭と首の関係は残ります。もし枕が固いタイプだと、頭が枕に影響していろいろな位置に曲がった状態になります。低反発タイプだと、首に負担がかからない状態がキープされます。上を向いているとき、横を向いているときに、首の骨に違和感が残ることがなくなります。首が固定化されると、寝違えや肩こりの原因になる場合がありますが、このタイプであればそれを防ぐことができます。普段から肩こりなどになりやすい場合に利用すると、改善される可能性があります。

沈み込み方によっては寝返りに問題が出る可能性

寝具売り場に行くと、たくさんの枕が並んでいます。高反発タイプと低反発タイプがあり、どちらも体にとってメリットやデメリットがあるとされています。となるとどちらを選んでいいかわからないこともあるでしょう。低反発タイプは、フィットしやすいメリットがあるものの、寝返りがうちにくくなる場合があるようです。沈み込みが強いタイプだと、そこから体が動かしにくくなり、寝返りもしにくくなるようです。ただ、一般的には適度に沈み込む程度のものがほとんどです。完全に沈み込んで固まるのではなく頭の重さに合わせて沈む程度です。寝返りも普通に行えるので、大きな問題はありません。

まとめ

枕のタイプとして低反発があります。重さに対して沈み込みやすくなっています。フィットしやすいメリットがあるものの、商品によっては寝返りがうちにくいものもあるようです。一般的な商品なら、寝返りも普通に行うことができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです