寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの

寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの

寝ているときに寝違えになる原因として、寝返りがうまくできていない可能性があります。枕の構造が原因になっている可能性があります。寝る前に快適なものではなく、寝ているときに快適であるものを選ぶ必要があるでしょう。

寝返りがしやすい構造になっているか

睡眠をとると、通常は疲れが取れてすっきりします。その後1日を過ごすことができる力を得ることができます。ただ、睡眠のとり方を間違えると、その一日が不快になってしまうことがあるので注意しないといけません。それは寝違えです。起きた時に、首のあたりに痛みを感じることがあります。防止をするためには、寝返りがきちんとできているかを考える必要があります。なぜ首に痛みが生じるかですが、それは、首が余計な力がかかったまま固定されることが原因です。寝返りがうちやすい枕を利用すれば、余計な力が入っていてもすぐに寝返りがうてます。固定もされないので、痛みが出にくくなります。

高さを一定に保つことができるか

寝る時には枕を使います。人によって快適な高さが異なります。市販のものでも快適な人もいれば、少し高さが足りないと感じる人、高すぎるので避けてしまう人もいます。寝る時の快適さよりも、寝ているときに快適かどうかが重要ですそうでないと寝違えになりやすいからです。防止のためには、高さが適切な状態かどうかです。寝返りをうつとき、仰向け、右、左のいろいろな方向に向きます。右や左を向くときは、肩が下に行くのでその分の高さが必要になります。実際に寝返りのシミュレーションをして、高さが十分あるかを確認すると良いでしょう。寝る前より、寝ているときに快適かが重要になります。

硬さが適切になっていると寝やすい

昔の枕には、陶器が使われることがありました。硬いのであまり寝心地がよさそうではありませんが、陶器は熱を逃がしてくれるので以外に快適の場合もあります。ただ、少し硬すぎるかもしれません。これだと寝違えをしてしまうこともあります。防止のためには、適度な硬さになっているかです。柔らかいとふわふわなので快適そうですが、沈み込むために固定化されやすくなります。すると、後で痛みが出る可能性があります。適度に反発をするタイプであれば、頭がゴロゴロと動きやすいです。寝返りを打とうとするときに沈み込みません。適度な反発であれば、それなりに柔らかさもあるので、気持ちよく寝られます。

まとめ

寝る時に枕を間違えると、朝に寝違えが起きてしまうかもしれません。それを防止するには、寝返りがしやすいタイプを利用します。高さが重要で、肩の高さがないとうまく寝返りができません。柔らかすぎず、適度な反発が必要です。

参考リンク:寝違えしない枕

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです