横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕

横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕

寝返りをうった時、体は横向きになります。その時に枕の高さが適切でないといけません。ただ、人の体は様々で、既製品で合わせるのは難しいです。調節出来たりオーダーできるものなら、その人にぴったりのものを使うことができます。

寝返りがうちやすいことを想定する

記事のイメージ画像

寝相がいい人とあまりよくない人ではどちらの方がいい寝方になるかです。寝相がいい人は、布団の位置もそのままで、常に同じ方向を向いています。寝相が良くない人は、時には布団がどこかに行き、手足もいろいろな状態になっています。寝ているときは床部分に体が接します。あまり長時間同じ位置に接するのはよくなく、寝返りが必要になります。となると寝相のいい人より、寝相の良くない人の方が寝返りをうっているのでより良いといえます。枕の場合、横向きの時の高さが適切だと寝返りがうちやすくなります。仰向けに合わせるのではなく、寝返りをうった時にちょうどいい高さになるようにします。

自由に調節できればセミオーダーになる

人の体は千差万別です。さらに寝具も人それぞれ異なります。それぞれにぴったり合う寝具は、基本的には人それぞれ違うはずです。でも、多くの人は市販品のものを購入し、そのまま使うようです。ある枕では、高さを何段階かに調節できるようになっています。基本タイプがあり、そこから足したり引いたりができます。寝具売り場では、なかなか夜に寝ているときのことまでは想定できません。横向きに遭う状態も、自分で調節が可能なので、セミオーダータイプになります。人の体は誰でも異なっていて、使い方も異なることを知っているからこそ調節ができるタイプを作ってくれたのでしょう。

定期的にメンテナンスをしながら使う

スーツをオーダーメイドで作ってくれるお店があります。靴などもオーダーメイドで作ってもらえるようです。その人にぴったりのものを作ることができます。もちろんメンテナンスなども依頼をすることができます。ある寝具の専門店では、オーダーメイドの枕を販売しています。一応サンプル品はありますが、素材などは販売員と相談しながら決められます。もちろん高さであったり、横向きの時にどう使うかなども相談に乗ってもらえます。一度作ったら終わりではなく、定期的なメンテナンスをしてくれます。当初よりも体型が変わったときであったり、想定通りでない場合に、作り直してもらえます。

まとめ

枕で重要な要素として、高さがどうなっているかがあります。横向きになったときに適度になっている必要があります。寝返りをうった時にちょうどいいようにできます。自分で調節をしたり、オーダーメイドタイプなどがあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです