仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは

仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは

医師の中には、人は仰向けで寝るのがもっとも体にとっていいと推奨する人もいるほど、自然な寝姿勢だといえます。そんな寝姿勢を快適に保つには、バランスがうまく取れた枕が重要な役割を果たすのは言うまでもありません。

枕専門店ができるほど悩んでいる人が多い

よく枕が変わると眠れないなどと言いますが、それほどに寝るときの枕というのは重要な役割を担っているということがいえます。人が寝る姿勢でもっとも多いのは仰向けで、これが体にとってもっともいいと唱える医師もいるほどです。そのため、まずは基本の寝姿勢として仰向けになった場合、自分の体と枕とのバランスがどうなっているのかを一度じっくり調べてみるといいでしょう。起きたときに肩こりがひどかったり首が痛いという人は、専門店で相談するのもお勧めです。専門店ができるくらい、多くの人がこれというものに出会えていないということを意味していると言っていいでしょう。

どのような形がもっとも理想的なのか

頭は人の体の中でももっとも重いのですが、それを支える首は細いため、どうしても首には負担がかかります。仰向けに寝た際にも、頭が首よりも上がってしまうようだと、顎を引いて眠るような姿勢になってしまうため、首に負担がかかったままの状態が続き、朝起きたときに首の痛みや肩こりの原因になってしまいます。そのため、頭を載せたときに、首部分はしっかり支え、頭は首よりも低い位置にあって平行になっているのが理想です。首の方が高く、頭はそれより低い位置にあるなだらかな台形のような形です。ちょうど山を真ん中から半分に切ったような感じと言えば、わかりやすいでしょうか。

素材にも着目することが大事です

首を支え、重い頭が首よりも高くならずに平行な位置にあれば、仰向けに寝たときに体がまっすぐになります。この寝姿勢がもっとも理想的で、これで枕による凝りや痛みから解放される可能性が高まるでしょう。また、素材としては、重い頭が適度に沈み込んだ状態で支えてくれる低反発素材がおすすめです。そば殻やパイプ枕は固すぎて痛みが生じる恐れがありますし、逆に羽毛だと沈み込み過ぎて、頭をしっかり支える機能が期待できません。低反発素材なら適度に支えてくれることや、固すぎず柔らかすぎずといった条件を満たすことができます。形と素材を吟味することが、快適な眠りをもたらすバランスのよい枕ということになるでしょう。

まとめ

仰向けに寝るにあたってもっともバランスに優れている枕とは、形と素材にこだわったものです。なだらかな曲線を描いて首を支え、適度な固さで頭の重みを支える枕は、仰向けに寝るのには一番バランスがいいといえます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです