フィット感ある枕選びが大事な理由

フィット感ある枕選びが大事な理由

頸椎に負担が掛からないためにも、 肩を支えるように、頸椎のカーブや高さなどを計測してみて、フィット感がある自分用の寝具を選ぶ、あるいはそうしたサービスを活用することで、仕事での体に掛かる負担を軽減できます。

頭の重さが首などの負担になりやすい

睡眠は、働き盛りの男女、30代から60代までの疲労回復のための貴重な時間で、肩や首が頭の重さから解放されることで凝り固まった筋肉、筋なども緩まり、翌朝に疲れを残しません。ですが、快眠に繋がる市販の枕を使っているのに、首こりや肩こりに悩む男女は意外と多い傾向です。というのも、頭の重さを意識する方はなかなか居ないと思いますが、一般的に4キロほどの重さがあり、仕事をこなしているだけでも、首や肩こりの原因になっています。特に首周りや肩に関わる、第3から第5頸椎への負担が大きく、肩がこりやすくなります。大事なのは、フィット感のある枕を見直すこと、さらに日常では基本の姿勢を心得ることです。

体格も違うからオーダーメイドにする

自分の体にフィットした枕を選ぶには、高さとフラットな構造が大事です。睡眠の時だけが、首や肩の負担を軽減することが可能な時間ですが、働き盛りの男女にも、安いから、素材がお気に入りなど、曖昧に寝具を選ぶ傾向にあります。普段から溜まっている首や肩の疲れを取り切るにも、高さが重要です。ですが、男女間でも体格には個人差があるので、フィットしているのか、基準となる値は1人1人で違います。市販品ではなく、オススメなのは寝具専門の店舗にて、適正な高さなどを測定してもらい、オーダーメイド品を使うことで、現在の難点を改善へと導きます。

フラットな寝姿勢もポイントになる

実際に寝姿勢での首は、まっすぐの状態であることが理想と言われています。というのも、長時間のデスクワークで姿勢のクセ、下向きでの作業などによって首は緩やかに曲がっています。社会人にとっては、こうした姿勢でいる時間の方が睡眠時間より長く、まっすぐのほうが脊髄の圧迫が解放され、肩こりがしにくくなるデータもあるほどです。通常、ストレートネックは肩こりを引き起こす可能性もあるため、この症状も枕を見直すことで改善できます。床との隙間がないほどフラットではなく、大事なのは体の上部に向かって緩やかな傾斜をつけることがポイントです。フィット感では低反発素材が良いものの頭から首を押し上げて支えるのは、高反発タイプです。

まとめ

バリバリの仕事をこなす年代にとって、 寝具選びを見直すことで肩こりや首こりを改善、緩和させることができます。負担となる支えの頭を意識し、頭がしっかり支えられる素材や高さなども選ぶ際のポイントで、翌朝に疲れを残しません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです