固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる

固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる

柔らかい枕より固いタイプの方が良いといわれるようになりました。ただ弊害もあるので注意をします。自分にあったものを選ぶ必要があり、高さが合わないと問題が生じます。慣れるまでは、違和感を感じることがあります。

首で支えすぎる状態はあまりよくない

動物の中でも人は特殊とされています。二足歩行をし、手を使って行動をするところが挙げられます。これによって脳などが発達してきたとされています。二足歩行はいいことも多いですが、その分大きな頭を首で支える必要が出てきました。肩こりなどが起きやすいとされています。寝る時に固い枕を使う弊害としても、首に対する影響が出やすい場合があります。高さが適切であれば、問題ありませんが、高すぎたり低すぎたりするとき、その調節は首で行います。首の骨が上に曲がったり下に曲がった状態で寝るkとになるので、首の痛みや肩こりの原因になることがあります。高さを合わせれば、問題は減ります。

頭皮への密着度が強まる恐れがある

頭には髪の毛が生えていますが、その髪の毛は頭皮から生えています。髪の毛に隠れて見えませんが、非常にたくさんの毛根などがあります。血管が通っていて、そこから髪の毛に栄養分が行くようになっています。日常的に生活をするときは、頭には何も触れていない状態です。でも寝る時には枕の上に頭を置きます。この時、固い場合の弊害として、頭皮との密着度が増すことが挙げられます。頭皮には血管が流れていますが、あまり密着度が増すと、頭皮の血管に影響して血流を悪くしてしまう可能性があります。すると、髪の毛に影響する可能性もあります。固すぎる場合には影響が出ますが、適度な固さなら影響も少ないです。

慣れるまでは寝る時に違和感を感じやすい

通常は、夜に寝る時には横になると自然に眠りにつきます。1日活動をしていれば疲れているので、その疲れを取ろうと眠ることができます。ただ、快適に眠れるかどうかの違いがあります。窮屈な服を着ているときより、パジャマなど楽な服を着ているときの方が寝やすくなります。固い枕の場合、健康に良いとされています。弊害として、慣れないときに使うと違和感を感じることでしょう。それまで柔らかいタイプを使っていると、どうしても硬さが気になります。いつもより寝にくいと感じる人もいるようです。ただし、いずれは寝ることができます。慣れてくると気にならなくなり、健康面の良さの方が勝るようになります。

まとめ

健康に良い枕として固いタイプが知られるようになりました。ただ、間違った選び方をすると弊害もあります。高さが適切でない時、首に負担がかかりやすくなります。高さが適切になっていると、問題なく寝ることができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです