寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる

寝心地が良い枕は仕事の質まで高めてくれる

しっかり寝ているはずなのに、仕事がバリバリこなせないなど、 隠れ不眠が注目されています。こうした症状を緩和するには、手軽にできる枕を変えてみることにもあります。価格がどうであれ、自分に合うもの選びで、仕事も眠りの質をも向上させられます。

仕事のやる気にも繋がる寝具を見直す

仕事が捗るにも、前日の疲れが残っているなど、睡眠の質が低下しがちで、心身に様々な影響を及ぼします。全身の倦怠感や肩こりや首こり、頭痛までが悪化することもあります。寝姿勢を意識する人は多くはないものの、身体をリセットするための寝心地を重視し、寝具を選んでみるのは大切です。睡眠は健やかな体づくりにも直結し、特に、みなぎるやる気を引き出す男性ホルモンは睡眠中に分泌物されるため、十分な睡眠を取ることも大切です。寝心地の良さは、首への負担がカギで、高さの合わない枕を使い続けている場合、首の骨が圧迫されたり、呼吸も浅くなったり、不眠の原因に繋がるため、高さは背骨から首骨までが緩やかなS字カーブになるのが理想です。

偏りや違和感も招くためにメンテナンスが大事

仮にフィットした枕を使っていても、メンテナンスを行うことが大事で、体格に変化が出れば、適切な高さも頭の重みで低くなったり、その他の寝具によっても適切な高さが変わってしまいます。寝心地の良い枕は、定期的な高さ調整ができるオーダーメイドを選ぶか、あるいは寝具専門店に相談するのが、日常生活に支障が出ないコツです。頭から首をS字状にキープする枕は、首や肩への負担を分散させる生理的弯曲に特化しています。ですが、寝心地を重視するならば、頸椎と頸椎の間に若干の隙間を持たせて、神経の圧迫状態を解消させることもポイントで、S字よりI字に近い方が良い見解もあります。

素材選びも睡眠の質を高めてくれる

また、オウトツのある枕は適度に首や肩のこりに刺激を与えてくれ、ビジネスマンやビジネスウーマンの慢性的な痛みも緩和できます。寝ている間、寝返りを無意識で行うため、素材選びにも適正なものがあります。例えば、体のオウトツに合わせて沈み込み、体圧を分散させるのは低反発材です。あまり寝返りをうたない人にこそ向いており、その反対が高反発材で、頻繁に寝返りをうつ人向きです。うつぶせになれる機能の枕は、首がI字のフラットになるメリットがありますが、背骨や骨盤が圧迫するため、マットレスも同じく圧迫させない素材で併せて選ぶことも大事です。

まとめ

高さが合っていない、中身が偏る枕を使っている男女は少なくはなく、 寝返りに左右し、首や肩などの上半身へ負担増 となる状態に陥りやすく、睡眠の質が低下します。改善させたいのが働き盛りの方々で、仕事に支障が出ないための枕選びが大事になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

枕をこだわって首の痛みを軽減しよう
低反発の枕の良い点と悪い点を知っておく
高反発の枕を使った方が良い人とは
フィット感ある枕選びが大事な理由
生きて行く上で大切な睡眠を理想的なものへと誘ってくれる枕の快適性とその要素
固い枕は健康に良いが弊害もあるとされる
毎日元気に過ごすには快適な睡眠というものが大切でそのためにも高機能の枕が必要
枕を見直して首への負担を減らそう
枕の高さを調節することで首痛やこりを防ぐ
快適な睡眠をとるためには頭から首の曲線に合った高さの枕を使うことが大切
枕が合わないとイライラしている方へのアドバイス
首痛の原因は寝姿勢が影響している
枕と血行の関係について知っておきたいポイント
首骨をホールドする枕へ切り替えてみる
もっとも気持ち良く寝ることができるのは首の隙間を埋めてくれる枕の存在
人間工学からできた枕で快適に眠れる
枕の高さで快眠をゲット、翌朝もすっきり起きられました
枕は高いのと低いのどちらが良いか
寝違えを防止する枕は寝返りがうちやすいもの
質の良い睡眠は健康には欠かせないものだから枕選びは理想の寝心地を重視したいもの
横向きに寝た時に高さがちょうどいい枕
仰向けに寝る人に最適な枕のバランスは
枕の手入れにはおすすめの方法があります
就寝時のコリ対策はコスパを考て枕の交換から始めるのがいいです